ポップアップ機能

ポップアップとは

デスクトップ上のアイコンを浮き上がらせる動作を「ポップアップ」と呼びます (下図)。

ポップアップ前 ポップアップ中

対象のファイルをドラッグしたり、コンテキストメニューの表示や、ポップアップ中のアイコンにファイルをドロップすることも可能です。



ポップアップの開始方法

ポップアップさせるための条件(ホットキーの組合わせ、マウスカーソルの状態、マウスクリック など)は、設定ダイアログの[ポップアップ条件-1]タブ内(こちら)にてお好みに合わせてカスタマイズすることができます。

デフォルトの設定では、

[ALT] + [無変換]キー
[CTRL] + マウス中ボタン
・タスクトレーのアイコンを左クリック


でポップアップさせることができます。



ポップアップ中の操作方法

ポップアップ中に次のような操作をすることができます。

  マウスでの操作 キーボードでの操作
コンテキストメニューの表示 右クリック [メニュー]
・アイコンの起動
・アイコンの(複数)選択
…など
Windowsの標準の操作と全て同じ (割愛します)
ドラッグ開始 右or左ボタンでドラッグ (なし)
ドラッグキャンセル 左右同時押し [ESC]
アイコンへのドロップ ドロップ可能なばあいは、アイコンの色が変化します。
フォルダへドロップした場合は、[SHIFT], [CTRL], [ALT]などの組合わせにより、「移動」、「コピー」や「ショートカットの作成」などを切替えることができます。
アイコンのない場所へのドロップ デスクトップにドロップします。
フォルダにドロップした場合と同様、[SHIFT], [CTRL], [ALT]などの組合わせによって結果が変わります。
ポップアップ終了 ・アイコンのない場所を右クリック
・他のウィンドウをクリック
[ESC]
ホットキー
基本的に他のウィンドウがアクティブになるとポップアップを終了します。
サブポップアップフォルダとのフォーカス移動 左ボタンクリック [TAB]