更新履歴


バージョン 公開日 内容
1.0 2009.04.23
  • 公開
1.1 2009.05.07
  • 時刻合わせ機能の追加
  • ゼロパディング/サプレス オプションの追加
  • 起動時に指定された時間待機するコマンドラインオプション /w の追加
  • はと時計の12時制回数オプションが保存されないバグの修正
1.2 2009.06.10
  • 描画位置を微調整する書式 r, b の追加
  • GMT(グリニッジ標準時)との時差で日時を指定する書式 G の追加
  • Skin Browserにドロップしたファイルをインポートする機能の追加
  • Skin Browserに一括エクスポート機能の追加
  • スキンパック Vol.2 の追加
1.3 2009.09.09
  • 時計クリック時の動作に任意コマンドを実行するオプションを追加
  • 元号表記に対応
  • テキスト描画では、OSのフォント描画設定に依存せずに常にClearType方式で描画するよう改善
  • Time Signal 01.wav, Ding 01.wavの音質向上
  • スキンパック Vol.3 の追加
1.4 2009.11.17
  • スタートメニューを改造する機能を追加
  • スタートボタンを改造する機能を追加
  • タスクバーを改造する機能を追加
  • タスクバーの背景を改造する機能を追加
  • 描画処理を一部改善
1.5 2009.12.02
  • タスクトレー内の「デスクトップの表示」ボタンを隠すオプションを追加(Windows 7)
1.6 2010.04.18
  • 「タスクバーを自動的に隠す」オプションが有効な場合に、時計ウィンドウのサイズが小さくなるバグの修正
  • 元号表記のオプションを廃止し、元号表記を指定する書式 e の追加
  • 12時間表記は00:00:00〜11:59:59で表示するよう修正
  • 右クリックメニューの「新規タイマー」の初期値を、オプションダイアログで指定したデフォルト値になるよう仕様変更
1.7 2010.09.23
  • 64bit対応
  • Skin Browserのボタンコントロールの表記ミスを修正
  • Ivo Beltchev氏 の Classic Start Menu 利用中は Classic Start Menu のスタートメニューを表示するように改善
  • Ding 01.wav の音源変更
  • Ding 02.wav の追加
1.8 2010.11.22
  • ライセンス形態、および ライセンス価格の変更
  • オプションダイアログのタイマー、アラームのGUI操作性改善
1.9 2011.08.20
  • 接続するセッション毎に描画関連のオプションを保存するオプションの追加
2.0 2011.08.22
  • タイマーを秒単位で指定できるよう仕様変更
  • オプションダイアログの 再生テストボタン が正しく動作しないバグの修正
2.1 2011.09.26
  • 接続するセッション毎に描画関連のオプションを保存した場合、環境によってはセッション切替え後にスタートボタンが正しく改造されないバグの修正
  • Windows Developer Preview(Windows 8)に仮対応
2.2 2011.11.27
  • 連続タイマー機能の追加
  • 描画処理の改善
2.3 2013.01.13
  • CPU使用率、メモリ使用率、ネットワーク送受信量、バッテリー残量をモニタリングし、ツールチップやデスクトップに表示する機能の追加
  • モニタリング結果を時計に表示する書式 0X〜4X の追加
  • 最新の Classic Shell (Classic Start Menu) でスタートメニューが表示されない問題に対応 (詳細は こちら)
  • Windows 8に対応
2.4 2013.03.10
  • TTClock起動時に時刻合わせを行うかを選択するオプションの追加
  • アラームが鳴る前にスリープ・休止状態から復帰するかを選択するオプションの追加
  • マウス左ダブルクリックでもカレンダー表示できるよう仕様変更
  • オプション画面を閉じた時に「モニタリング ビューア」が必ず表示されていた仕様を変更(直前の表示状態を維持するよう変更)
  • ツールチップに言語設定が反映されなかったバグの修正
2.5 2013.04.22
  • アラームを停止する機能を追加
  • アラームにスヌーズ機能を追加
  • スリープ・休止状態からの復帰にかかる時間指定の下限値を30秒に変更
  • Windows 8 で時刻合わせに失敗する問題を修正
2.6 2013.09.09
  • ツールチップで表示するモニタリング結果の表示単位を選択できるオプションを追加
  • 時刻合わせ機能の精度向上
  • タイマーウィンドウの位置を記憶/復元するオプションを追加
  • タイマーウィンドウ移動時にスクリーンの縁にスナップするオプションを追加
  • タイマーウィンドウに影を追加
2.7 2014.01.04
  • タスクバー右クリック時に、ジャンプリストではなくシステムメニューを表示するオプションを追加([拡張]タブ→[タスクバーの改造])
2.8 2015.05.13
  • アラーム時刻にメッセージボックスを表示するオプションを追加
  • アラーム時刻にミュートを解除するオプションを追加
  • タイマー計測時間が経過した時にミュートを解除するオプションを追加
  • インストーラ仕様変更(互換モードを "XP" → "VISTA" へ)
  • Windows起動直後等、タスクバーの状態によりTTClockの初期化に失敗する場合はリトライする処理を追加
2.9 2015.07.12
  • アラーム時刻にメッセージボックスを表示するオプションがOFFでもメッセージボックスが表示される不具合を修正
  • 環境によりスキンパックが正しくインストールされない不具合を修正
3.0 2016.11.07
  • Windows 10 に対応
    <Windows 10 での変更点>
    • 「時計をタスクバーの右端(下端)に表示する」オプションの追加
    • 「スタートボタンの改造」を廃止
    • 「タスクバーの背景の改造」の改造範囲をタスクトレーのみに変更
  • 最新の Classic Shell (Classic Start Menu) に対応 (詳細はこちら)
  • インストーラの仕様変更
    ※ インストール/アップデート手順が変わります (詳細はこちら)
  • Windows 8以降では「SNTPのよる時刻合わせ」の設定は タスクスケジューラ へ登録するよう仕様変更
3.0.1 2019.06.23
  • 64bit版もフリーウェアに変更
3.1 2020.10.31
  • テキスト描画で書式設定にゼロサプレスと位置指定(中寄せ/右寄せ)を同時に指定すると、文字の描画位置がずれる不具合を修正
  • [ALL] Japanese Era スキンの書式が文字化けしていた不具合を修正
  • 元号表記のデフォルト値を令和向けに変更
  • 対応OSを Windows 10 (64bit) のみに変更
3.2 2020.11.11
  • テキスト描画でフォントを斜体にしたときに、フォントによっては右側が欠けて描画される不具合を修正
  • スキンを変更するコマンドラインオプション /c の追加
- -
2020.11.15
  • タイマーの一時停止ボタンを押した時に、再開ボタンが表示されない不具合を修正
2021.02.20
  • 時報、鳩時計がずれる不具合を修正 ※修正確認中
  • TTClock起動時に時刻合わせを行うオプションの削除
※上記以外は、V3.2から変更ありません(バージョン表記等)